アメリカでは95%の雇用者が人材採用調査(バックグラウンドチェック)を利用しています。

あなたの会社は、採用候補者の本採用前に、どれくらい慎重に調査をしておりますでしょうか?

ベトナムでは経歴詐称や偽造証明書の提出等の問題が頻発しています。会社の中枢になるような社員にこういった問題があった場合、最悪のケースでは会社の乗っ取りや刑事事件沙汰になることがあります。

そういった問題を未然に防ぐために、バックグラウンドチェックというものがあります。

日本では馴染みのない「バックグラウンドチェック」という言葉ですが、アメリカではごく一般的に行われています。

アメリカのNAPBSが実施した調査によると、なんと95%の雇用主がバックグラウンド調査を利用しているようです。

バックグラウンドチェックとは

バックグラウンドチェックとは、企業が採用前に実施する信用調査のようなものです。

調査会社によって、内容は異なりますが、主だったものは履歴書の内容が正しいかの調査(学歴、前職等)であったり、債務・犯罪調査などになります。

日本やアジアでは、まだ一般的ではありませんが、アメリカではなんと95%もの会社が利用をしているものになります。

Ninety-five percent of employers surveyed by the National Association of Professional Background Screeners (NAPBS) say their organization is conducting employment background screening in 2018.

https://www.securitymagazine.com/articles/89214-background-screening-utilized-by-95-of-us-employers

バックグラウンドチェックをする理由

では、改めてどういった理由でバックグラウンドチェックを実地するのでしょうか。

NAPBSが実地した調査によると、最大の理由は社内秩序・安全の確保のために実地しております。

その他の理由として

  • 採用の質の向上のため
  • 法律/規制要件を満たすため
  • 盗難、横領、その他犯罪行為の防止、削減のため

といったものが挙げられています。

The top reason for conducting background checks remained public safety, with 86% of employers saying they conduct background checks to protect employees, customers and others. Other top reasons for background screening included:

Improving quality of hires – 52%

Law/regulation requirements – 39%

Preventing or reducing theft, embezzlement, and other criminal activity – 36%

https://www.securitymagazine.com/articles/89214-background-screening-utilized-by-95-of-us-employers

バックグラウンドチェックをしなかった場合

面接フローが何重にもなるような会社であれば、複数の面接官による対応で、違和感を発見できるかもしれません。

ただ、何度も面接ができない会社になってしまうと、担当者の見落としが発生する可能性を否定できません。

アメリカの人材調査会社であるHIRE RIGHT社によると、なんと54%もの面接候補者がバックグラウンドチェックにより、不一致(職歴、学歴、犯罪歴等)が発見されたようです。

HireRight found that 54% of employers found discrepancies in employee background checks. The most commonly found discrepancies are previous employment, criminal history, and education credentials. Not all of the discrepancies are intentional, but the employer will make hiring decisions based on the information they are provided. These inconsistencies will likely be discovered during a background screening.

https://www.hireright.com/blog/background-checks/your-future-employer-requires-a-background-check-now-what

ベトナムでよく起こる採用トラブル

ベトナムにおいて、採用時に起こってしまうトラブルとしてはどのようなものがあるでしょうか。

といった事例が挙げられます。

ベトナム語ができたとしても、自身でこういった問題を防ぐための調査をすることは困難です。

独自の調査網がなければ、情報の取っ掛かりにもたどり着けない場合が多いです。

まとめ

ベトナムで求人を出す場合、日本のように何回も面接をしてしまうと、求職者から応募を避けられてしまいます。

そのため、採用手順が簡略化されがちですが、その際に「問題社員を採用する可能性」を考慮しておく必要があります。複数回の面接が実施できれば、そういった可能性を減らすことができるかもしれませんが、実情はそうはいきません。

そこで、当社が提供させていただいているバックグラウンドチェックを検討していただきたいです。ベトナムで現地人材を採用する際に起こりうるトラブルを未然に防ぐために、誠心誠意取り組まさせていただきます。